病気の豆知識

病気に対する知識を身につけておくだけで、発症のリスクを低下させることが可能です。糖尿病の食事で気をつけておくべきこと、脳ドックなどの特定検診を受けるなど知識や対策を講じて健康を守りましょう。

死亡率の高い癌の種類リスト

  • 肺がん
  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 肝臓がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん

早期がんと進行がんの比較

早期がん

早期がんとは一般的にがん細胞が発生してから間もない状態のがんを指しています。早期がんの状態であれば治療も比較的容易ではありますが、癌細胞自体を発見するのが難しいという特徴を持っています。

進行がん

進行がんは癌細胞がある程度大きくなった状態を意味しています。進行がんと呼ばれるサイズまで癌細胞が大きくなれば、リンパや血液を通って癌細胞が転移してしまう可能性が高くなります。

中高年に多い病気の種類

胃がん

中高年になると習慣づいた生活習慣によって様々な病気が発症します。胃がんも中高年に多い病気になっており、人間ドックで見つかることが多いとされています。

脳腫瘍

脳腫瘍も胃がん同様に中高年に多い病気になっています。他のがんに比べて生存率が高いという特徴もありますが、腫瘍の出来る場所によっては神経麻痺や言語障害を引き起こしてしまう可能性のある怖い病気になっているのです。

更年期障害

中高年の特に女性に多い病気として更年期障害があります。更年期障害では体が熱っぽく感じることややる気が出なくなるという症状もありますが、症状は個人差があるため治療も患者によって異なります。

糖尿病

中高年の肥満体型の方に多い糖尿病。初期の状態であれば食生活や生活習慣を改善させることで完治するケースもあります。普段から気をつけておけば、糖尿病のリスクを減らすことが出来るので注意しておきましょう。

下肢静脈瘤

立ち仕事を行なっていた方々になりやすく、ふくらはぎの静脈弁に異常が起きることによって発症する下肢静脈瘤。老化による血管の老朽化が弁の異常の原因と考えられ、マッサージなどのケアを行なうことで予防出来ます。手術の場合は循環器内科に通うといいでしょう。

胃がんにならないためにも病院で定期的な検診を!

レディ

胃がんは見逃しやすい

胃がんの初期症状は食欲不振や胸やけ、吐き気などがあります。こうした症状は胃がんだけでなく、体調がよくない場合や飲み過ぎてしまった日にも起こるため見逃してしまう方も多いのです。

早期発見が重要

胃がんだけではありませんが、がんはある程度の大きさになると他の細胞に転移してしまいます。見逃しやすい胃がんだからこそ転移の危険性を避けるべきなのです。京都の病院で定期的に検診を受け、がん細胞が小さな状況で治療ことによって転移を防ぐことが出来ますよ。

[PR]胃がんの症状をスグに解決☆
身体への負担が少ない治療を提供中

[PR]脳ドックなら京都のクリニックへ
病気の早期発見につながる!

[PR]糖尿病の食事方法を徹底解説!
血糖値を下げる食生活を心がけよう

[PR]日帰りで下肢静脈瘤手術が受けられる
健康な脚を取り戻そう☆

[PR]更年期の症状を詳しく解説!
体調が良くないなら確認してみよう

広告募集中