ホントは怖い生活習慣病【糖尿病の食事療法を知る】

糖尿病一型と二型の違いを比較

糖尿病一型

糖尿病一型は生活習慣病というよりも自己免疫に障害が起きて起こる糖尿病になっています。そのため肥満や年齢に関係なく発症し、インスリンによる治療が必要となります。

糖尿病二型

一般的に生活習慣病として発症する糖尿病はこの二型になっています。食生活や喫煙、飲酒といった部分に深く影響を受ける二型の糖尿病は習慣を改善させていくことで治るケースがあります。

血糖値が上昇しやすい食べ物ランキング

no.1

炭水化物

お米や麺類などの炭水化物は血糖値が上昇しやすい食べ物になっています。空腹時にこうした炭水化物ばかりを食べてしまうと一気に血糖値が上昇するため、野菜などから先に摂取して緩やかに血糖値を上げていきましょう。食べ方に工夫するだけでランキング上位の食べ物でも問題なく食べることが出来るのです。

no.2

乳製品

乳製品も血糖値を上昇させやすい食べ物としてランクインしています。脂肪分や動物性たんぱく質が多く含まれているため、それが原因で血糖値を上昇させているのです。適量であれば乳製品は腸内活動を活発にしてくれるため健康に役立てることも出来ますよ。

no.3

揚げ物

見た目からこってりしている揚げ物は糖尿病の元といっても過言ではありません。特にお酒との食べ合わせは血糖値の上昇を一気にはね上げてしまうため、注意が必要とされています。ランキングでは3位になっていますが、肥満の原因にも繋がるので注意すべき食べ物としてはトップレベルと言ってもいいでしょう。

ホントは怖い生活習慣病【糖尿病の食事療法を知る】

病院

生活習慣病の一つ

現在、日本人の多くが発症している、または発症のリスクが高いと言われている生活習慣病の一つである糖尿病。この病気にかかると定期的な通院が必要になり、合併症の危険性も出てきます。そのため病気にかかる前に内科検診を行なうようにしておきましょう。

習慣を良くする

糖尿病は生活習慣を良くすることで発症リスクを大きく下げることが出来ます。糖尿病の食事では、味が濃かったり糖分が高いのはNGなので、塩分や糖分を控えめにし、運動も定期的に行なうようにするといいでしょう。また、内科の先生に対策を考えてもらうのも良い手段と言えますよ。

広告募集中